2012年度地理B本試験[第4問]解説

<第4問>

 

問1 [ファーストインプレッション]先住民の生活か。イヌイットやアメリカインディアンのことを考えなくてはいけない。気候や農作物、水産物など自然条件を考えて解いていこう。いけるかな?

[解法]①サケやニシン。いずれも寒冷な水域で漁獲されるものである。内陸部のAは不適なので、Bが該当すると考えていい。たしかにアラスカ沿岸などはサケ漁が現在でもさかん。

②決定的なキーワードは「日干しレンガ」。天火で乾かしただけのもので、火で焼き固めたものではない。湿潤地域ではありえない。乾燥地域のDが該当。

③「草原」が気になるんだよなぁ。アメリカ合衆国の中央には現在でもプレーリーという草原が広がっている。これでいいと思う。Cに該当。これが正解。

[今後の学習]大事な言葉は「ニシン」、「日干しレンガ」、「草原」。ニシンは寒海魚の代表。日本近海でも北洋漁場での漁獲が多く、ここを支配しているロシアから主に輸入している。日干しレンガは乾燥地域のキーワード。西アジアや北アフリカで登場する頻度が多いかな。「草原」は半乾燥のステップ地域。年降水量は500mm程度で、森林は生育しないが、草は十分に生える。腐植に富み、肥沃な土壌を利用して小麦が栽培されることが多い(企業的穀物農業)。

 

問2 [ファーストインプレッション]地理Aで同じような問題があった。本当に地理Aだよね、今回の試験。

[解法]ポイントはたった一つ、ニューオーリンズ。メキシコ湾沿岸に▲が一つだけある。これがミシシッピ川河口三角州に港を有する都市、ニューオーリンズ。元々はフランス人によって開かれた都市であるが、やがてイギリスの植民地となり、綿花栽培のための黒人奴隷が多く運び込まれた。最初の名前は「ノヴァオルレアン」で、ノヴァとは新しいという意味、オルレアンとはフランスの都市(百年戦争でジャンヌダルクがオルレアンの少女と呼ばれていたことは有名ですね)。▲をフランスと考える。なるほど現在でもフランス誤が使用されているカナダ東部にはフランス語に由来する地名が多く残されている。

ロシアの地名はよくわからないが、あるとすればアラスカなど北部だろう。一方、スペイン語はメキシコに接する地域か。メキシコはスペインに植民地支配された国である。

[今後の学習]カナダ東部ケペック州にも注目してほしいが、やっぱりここはニューオーリンズかな。フランス人が建設した都市、ミシシッピ川の河口三角州、綿花の積出港だった、この都市を含むルイジアナ州は黒人の割合が高い、など出題ネタには事欠かない。近年は「石炭の積出港である」という間違い選択肢としても取り上げられた。メキシコ湾沿岸は油田やガス田が多く、ニューオーリンズは原油や天然ガスの積出港であると同時に、石油精製工業も発達している。

 

問3 [ファーストインプレッション]これも地理A的なんじゃない?たしかに地理B追試験で一回ワスプに関する問題は出題されているんだが。

[解法]ワスプ。WASP。ホワイト・アングロサクソン・プロテスタントの略で、アメリカ合衆国のエリート層を占める人々。何気にアメリカって階級社会だよね。ホワイトは白人、アングロサクソンはイギリス系、プロテスタントはキリスト教の宗派。そもそもイギリス人は白人だし、プロテスタントが多いので、結局イギリス系ってことなんですけどね。独立以前よりさかんに入植し、独立後のアメリカ合衆国において支配的な立場を占め、それが現在にも続いている。大統領は3人を除いて全部ワスプであるのは有名な話。ケネディ、レーガンがアイルランド系のカトリック、オバマがケニア人とのハーフ。政治家に多いことから、高学歴が多いと考えていいと思う。①がワスプに該当。他は不問。

[今後の学習]ワスプは知っておきましょうか。イギリス系が偉そうにしている。同じ白人でもイタリア系のような南ヨーロッパ系はちょっと地位が低い。なお、経済的にはユダヤ系(イスラエルの主要民族ですね)が幅を効かせているものの、政治の分野ではそうでもない。

 

[スイマセン、間違えました(涙)。再解説です]

 

これは完全に間違えした。面目ありません、難問です。

ポイントは農林水産業の従事者ですね。かつての日本から農業移民が多数アメリカ大陸へと移住した例はありますが、それは昔の話。現在のアジアからの移民は中国からが多いのですが、彼らは都市部で商業や飲食業に従事することが多く、農業労働者や農園経営者ではありません。たしかに人口移動の原則からしても、第1次産業を目的とした移住者は少なく、より収入の多い第2次産業や第3次産業に従事する人々が中心ですよね。

またアメリカ合衆国への中国からの移民は近年富裕層が中心であり、高学歴であることも多くなっています。そもそも留学生も多いですから、大学院に進む人も多いでしょう。①が中国系です。

そして、残る3つの民族系統の中で最も富裕層の割合が高く、社会的地位も高い人々が多いヨーロッパ系が②となり、これが正解となります。WASPについての説明は上を参考にしてください。製造業の割合が最も低くなっていますが、いわゆる白人にブルーカラーは少ないってことなんですかね。北東部や五大湖周辺の古くからの工業地域は、そもそもヨーロッパ系の割合が高いところなので、それなりに製造業従事者が多いとは思っていたので意外ではあります。

ここで答えは出ているので、③と④の判定は不要ですが、一応参考までに。

アフリカ系とヒスパニックはいずれも社会的地位は低く、貧困層が多くなります。やはり高学歴は少ないでしょうね。とくにヒスパニックとはそもそも母語をスペイン語とする人々のことであり、英語の会話能力が低い場合があります。高等教育においてそのことはハンデとなるでしょう。

一方、アフリカ系とは主にかつてアフリカから連れてこられた黒人奴隷にルーツを持つ民族集団であり、アメリカ国内における彼らの歴史は数百年に遡ります。ヨーロッパ系とともにアメリカ合衆国の歴史を作り上げてきた人々であり、もちろんアフリカ系もヨーロッパ系も母語は英語です。「スペイン語」であるヒスパニックとは違います。③がアフリカ系、④がヒスパニックです。

さらに興味深いことに、④については「製造業」の値が4つの民族系統中最高となっています。なるほど、メキシコやカリブ海地域から出稼ぎにやってきた彼らは製造業に職を得ることが多いのでしょう。

そして、ここが最も特徴的な部分なのですが、④については「農林水産業の従事者」の割合も高くなっていますよね。これ、非常に重要なんですよ。原則として「現代社会において、移民(出稼ぎ労働者)は工業(製造業・建設業)に従事する」のです。農業って儲からないじゃないですか。だから、わざわざ国境を越えてまで農業で働くってことはないわけですよ。もちろん、過去には日本からブラジルへの農業移民もありましたが、それは古い時代の話です。

ただ、実はこれにも例外があるんですよ。現代でも農業を目的とした移民はあって、それが「メキシコからアメリカへの移住者」すなわちヒスパニックなのです。合理的で省力化が進んだアメリカ合衆国の農業ですが、それでもやはりそれなりに労働力は必要とされますよね。綿花や野菜の栽培は、畜産や穀物に比べて完全に機械化しにくく、やっぱり人手は必要です。

ただし、そういった農作業に富裕なヨーロッパ系の人々が従事するでしょうか。いや、アフリカ系の人々も仕事がなければ都市部へと流入するでしょうし、やはり農業には従事しません。実はアメリカ合衆国において、不足する農業労働力の担い手は、メキシコから国境を越えてやってくるヒスパニックなのです。例えば、カリフォルニア州南部(つまりメキシコの国境に近い)のインピリアルバレーでは、コロラド川からの灌漑によって綿花や野菜が栽培されていますが、ここで主な労働力となっているのはヒスパニックなのです。

もちろん都市で第二次産業や第三次産業に職を得るヒスパニックが大半ですが、中にはカリフォルニア州やテキサス州などメキシコに近い農業地域において第1次産業に従事するヒスパニックもいるということなのです。

ちょっと細かい部分ではありますが、よかったら参考にしてください。

 

 

問4 [ファーストインプレッション]なぜ、大豆が!?先にも述べたけど、大豆ってセンターでほとんど出題例がないんですよ。それに、そもそも大豆とトウモロコシって栽培地域が重なっている(生産上位国もほとんど同じ)なので、違いが明瞭じゃない。どうやって解けっていうねん!?

[解法]これ、マジで難しい予感。心して解かねば。まず米だよね。日本で主食となっている。日本の値が高い①を米とみていいと思う。キューバでも高いのが謎なんだが、とりあえず無視で。さらにトウモロコシ。「メキシコ=トルティーヤ=トウモロコシ」っていうのいは常識?メキシコだけが突出しちえる③がトウモロコシ。

さぁ、ここからだ。トウモロコシも大豆もアメリカ合衆国が(ダントツの)世界最大の生産国。どうやって2つを区別していく?①と②を比べてみよう。アメリカ合衆国で両方とも高いのは当然。キューバはよくわからん。メキシコもどうかな。日本で、①の方が③の3倍という極端な差があることだけが手がかり。で、ここで僕は思うわけですよ。大豆はよくわからないが、日本国内において最も消費量が多い穀物は実はトウモロコシなのだ。カロリーが米に比べて低いので、この表においては数値は米よりは小さくなっているものの、でも、量において大きいトウモロコシがわずか「113」って考えにくくない?しかも単純に、大豆油って何につかうかよくわからないじゃない?それに比べれば、トウモロコシは家畜の飼料として、肉食が増えてきた日本においてもその重要性はかなり高くなっているよね。ここは数値の大きさに注目して、①をトウモロコシとする。これでどうだ!

[今後の学習]正直よくわかりません(苦笑)。ま、メキシコのトウモロコシは以前にも出題されているし、知っておきましょうか。

 

[スイマセン、訂正です]

 

文章の後半以降、意味不明でしたね、完全に勘違いして解答を作っています。正解が①なのは間違っていないのですが、上では「トウモロコシ」って書いてますもんね。しかも、すでにトウモロコシについては③である、と先に言っているのに。

ややこしい問題なので、逆にシンプルに考えてしまいましょう。まず「米」ですが、東アジアなど湿潤アジアにおいて主穀とされるもの。日本の値が大きい④が米です。

さらに「トウモロコシ」を主穀とするのはメキシコ。トルティーヤが有名ですね。メキシコを含む中男アメリカはトウモロコシの原産地でもあり、伝統的にトウモロコシを利用した料理が多くなっています。メキシコの値が圧倒的に大きい③がトウモロコシ。

①と②が残りますが、ここも判定が難しい。でもやはりシンプルに解いてしまっていいと思います。大豆の生産はアメリカ合衆国がダントツの世界1位(小麦が、1位中国、2位インド、3位アメリカ合衆国であることと比べてみよう)。アメリカ合衆国の値だけ飛び抜けて大きい②を「大豆油」として、残った①を「小麦」と考えましょう。日本においても、大豆油の熱量が小麦より大きいことはないんじゃないかな。

また、あえて「大豆油」としていることにも注目していいと思います。大豆は本問で示されているように油脂原料ともなりますが(サラダ油やマヨネーズなど)、油かすが家畜の飼料ともなったり、あるいは豆腐や納豆など食品に加工されたりします。それに対し小麦やパンなど食品に使用され、用途は限られています。この点からみても、全体的に「小麦>大豆油」となることは妥当なのではないでしょうか。

トウモロコシについても大豆を同じ考え方ができると思います。トルティーヤなど直接加工して食品に用いられることもありますが、大豆同様に油脂原料としても重要です(トウモロコシ油)。日本国内で最も消費量が多い(重量として)穀物はトウモロコシですが、米や小麦に比べカロリーが低く、さらに用途も多様であるため、日本の値が「79」と極めて低い値にとどまっているのも納得ではあります。

 

 

問5 [ファーストインプレッション]おっと、見るだけ問題かな。多少の知識は必要だろうけど、ハードルは低いでしょう。

[解法]①「大規模な製造業」はピッツバーグの鉄鋼業やデトロイトの自動車工業。「農産物取引市場」はシカゴ。五大湖最南のミシガン湖の南岸に接する都市。あれ、他の問題でもシカゴが登場していたぞ。

②「山地」の存在がポイントかな。たしかにロッキー山脈など山岳地域ではあるね。

③農業の総生産学が最低位?では他に農業生産が少ないところを考える。例えば、北東部なんかどうかな。大陸氷河に表土を削られ、土俵は肥沃ではない。酪農地域になっている場所もあるが、それでも精算額は多いものではないだろう。とくにニューイングランド地方などそもそも規模が小さい州が多く(ボストンの辺りね。小さい州が多いでしょ)、農業生産額がそれぞれ多いとは思えないのだが。これを誤文としましょう。

④北東部の1500億ドルを越える州はニューヨーク州。世界都市とは当然ニューヨーク。

[今後の学習]あれ、意外と難しかったな。正解率は低かったんじゃないかな。アメリカ合衆国の州についてはカリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州を絶対に知っておかなくてはいけないのだが、意外と北部の州は問題にならなかった。しかしここではニューヨーク州が登場しているのが珍しい。ちょっと確認しておきましょうか。

ちなみにピッツバーグはペンシルベニア州、デトロイトはミシガン州。他の問題でも登場しているし、「農業都市」イリノイ州のシカゴをよかったら確認しておこうか。

 

問6 [ファーストインプレッション]貿易の問題。本来ならこれに関するネタがもっとあってもいいと思うんだが。本問にしても貿易品目じゃなくて相手国だもんね。しかもどっちかというと中国がメインテーマのような気がする。

[解法]絶対にポイントはNなんですよ。1987年に圏外だったのに、2009年に一気に1位に躍り出た。これは間違いなく中国でしょう。逆に1987年にカナダの上にいるのに、2009年にはランクダウン。1980年だの貿易摩擦を考えてみよう。日本からさかんに自動車が輸出されたことによって、アメリカ政府が貿易制限を実施したほど。Kが日本と考えていい。

そしてLがメキシコ。原則として貿易額はGNIに比例するので、メキシコのようなGNIが大きくない国は貿易額も小さい。日本や中国はもちろん、先進国であるカナダより貿易額が大きいはずがない。ただし、それでもメキシコがMではなく、あくまでLになる理由はやはりNAFTAの存在。NAFTAとは北アメリカ自由貿易協定のことで、アメリカ合衆国を中心にカナダとメキシコの3カ国間で自由貿易が実現している。これにより、北アメリカ大陸のこの3つの国の経済的なつながりが強固なものになっている。っていうか、2009年にはメキシコからの輸入額が日本を越えているんだね!何度もいうけど、貿易はGNIに比例する。日本は世界2位の巨大なGNIを有する国である。それがこんな「小国」の後塵を排しているとは。すでに日本はアメリカ合衆国にとって重要なパートナーではないのだろう。

Mはイギリス。強いNAFTAの結び付きの背後で、ヨーロッパはすでに意識の外側にあるのだ。

[今後の学習]これ、いい問題ですよね。かなり難しいんだけどね(苦笑)。今後出題が予想される部分として、中国のランクアップを確認しておこうよ。日本にとっても、そしてアメリカ合衆国にとっても、最大の輸入相手国は中国ということ。国内にメイド・イン・チャイナがあふれている。そして日本は、NAFTAの経済的連携の前に、カナダやメキシコにも及ばぬ4位に転落している。

 

鈴木たつじん公式サイト

センター試験・地理Bの学習のために、いろいろなアドバイスをしていきます。

検索

モバイルサイト