2015年度地理B本試験[第5問]問2 解説

問2 [インプレッション] これ、今回の一番の難問じゃないかなと思っている。問1もかなりキツかったけれど、こちらはさらに手強い。そもそも中部アフリカと南部アフリカの決定的な違いとは?とりあえず、「経済成長に伴って、出生率は低下する」というセオリーだけは頭に入れておいて、問題に取り組んでみよう。

[解法] まず、アから。出生率は高い値をキープしている。死亡率はやや高めだが、これは考慮しなくていい。むしろ考えるべきは、出生率から死亡率をマイナスした人口増加率(自然増加率)であり、これは3地域中最も高い値となっている(つまり、死亡率はたしかに高いのだが、出生率のように飛び抜けて高いわけではない、ということ)。なるほど、人口が4倍近くに増加した(396という数値からそれが判定できる)極めて人口増加率の高い地域、中部アフリカがアに該当する。コンゴ民主などを含み、3地域中で最も経済レベルが低いとも思われ、そのことから出生率の高さ、人口増加率の高さを想像するのもいい。北部アフリカには産油国、南部アフリカには大陸最大の工業国南アフリカ共和国があるなど、経済レベルはそれなりに高いはずだ。
さて、ここから。イとウの判定、これが難しい(涙)。そもそも、グラフ上の出生率と死亡率がほとんど同じなのだから、判定しようがない。でもそれではダメなので、やはりじっくり考えてみよう。イとウに関しては出生率も死亡率も似た値になっている。しかし、それでも絶対的な違いはあるわけで、出生率は(少しではあるけれど)一貫してイがウを上回っている。さらに、出生率から死亡率を引いた人口の自然増加率についても、イがどの年次においてもウよりも高い値となっている。ここまで決定的なデータがあるのだから、これを使って判定してもいいと思う。北部アフリカは(310)、南部アフリカは(293)が人口増加指数。たしかにキワどい違いではあるだけど、「北部アフリカ>南部アフリカ」であることは間違いない。イとウについてもやっぱりキワどい違いしかないのだが(その点、アは他と全然違ってわかりやすかった)、それでも「イ>ウ」は確実なのだ。50年間の人口増加率がやや高いイが北部アフリカ、低いウが南部アフリカと僕は考えた。これが正解はわからないけれど、データを読むと、こうとしか考えられないのだ。自信はないけど、解答用紙の③にマークします。

[アフターアクション] 1人当たりGNIと出生率を照らし合わせるのは基本だけれども、そうなると、1人当たりGNIに差がない(と思われる)北部アフリカと南部アフリカの判定ができないのだ(涙)。でも、やっぱり解法に示したように、ここはそういったイメージではなく、厳密に数字(310とか293ね)にのっとって考えていくしかないんだろうね。この問題、難しいわ。